ヘルペスには種類があり性器にできる性器ヘルペスのほかにも口に出来る口唇ヘルペスなどがあります。感染してしまったら恥ずかしいなどと思わず早めにバルトレックスで治療しましょう。そして二度とならないよう気をつけましょう。

  • ホーム
  • 口唇ヘルペスもバルトレックスで治るの?

口唇ヘルペスもバルトレックスで治るの?

考えている男性

唇の周りに小さな水疱やぶつぶつができる口唇ヘルペス。
疲れた時などに何度も現れる人も多い症状です。
これは幼いころにかかった水ぼうそうのウイルスであるヘルペスウイルスが原因で、根治することは難しいと言われています。
幼いころ、水ぼうそうの原因となったヘルペスウイルスは、人間の神経節の中に潜りこんで活動を休止します。
そして疲労やストレスによって免疫機能が低下すると活動をはじめ、唇の周りに水疱などを作るのです。

この時に処方されるのは、バルトレックスです。
バルトレックスは口唇ヘルペスをはじめとするヘルペスウイルスが原因となる感染症の症状を抑えるために用いられる薬です。
バルトレックス自体にはヘルペスウイルスを殺菌する作用はなく、体内で増殖する際にヘルペスウイルスのDNAが合成されるのを妨げることで、ウイルスの増殖を防いでいます。
現在、神経節に潜りしまったヘルペスウイルスを殺菌するための薬はなく、増殖を抑えて身体に現れる症状を抑えることしかできません。
そのため一度症状が治まったと思っても、再び疲れがたまってきたりすると神経節の中のヘルペスウイルスの活動が活発化してしまい、口唇ヘルペスの症状が再発してしまうのです。
何度も症状が出ることを繰り返している場合には、どんな状態になると口唇ヘルペスが発生するかはわかっている人が多いでしょう。

その、口唇ヘルペスが発生する初期の段階でバルトレックスの服用をスタートすることができれば、早い人は数日で症状が治まってしまいます。
バルトレックスの服用が遅くなってしまうとそれだけ症状が長引いてしまうので、早めに医師の診察を受けて服薬をスタートするのが症状を軽くするためのポイントになります。

関連記事