美脚になりたい女性必見のララスリムについて紹介します!
TOP > ララスリムを継続して使っても効果が表れない時の原因と解決方法

ララスリムを継続して使っても効果が表れない時の原因と解決方法

2019.05.17 ララスリムを継続して使っても効果が表れない時の原因と解決方法

「ララスリム」は、下半身全体を強い力で圧迫する着圧タイツで、これを着用すると血行を改善したり骨盤のゆがみを矯正したりする効果が期待できます。
特に、足のむくみに悩んでいる人に評判で、「短期間でパンパンの足が改善した」という声も多数寄せられています。

さらに、「ダイエット効果があった」「太ももが3センチ細くなった」という報告もあります。
ララスリムは「タイツを履くだけ」で効果が期待できるので、人気商品になっているのです。

ところが、「ララスリムを継続して使っても効果が表れない」という声もあります。
確かにララスリムには向いている人と向いていない人がいて、効果が出ない人がいても不思議はないのです。
しかし、効果が出るはずの人が「効果を実感できない」と感じていることもあります。
それは、ララスリムを正しく使っていないからではないでしょうか。

ララスリムの効果を最大限引き出す方法をご紹介します。

ララスリムを着用してもむくみが解消せず痩せもしない原因

ララスリムの効果を実感できなかった方に、「ララスリムを正しく使っていましたか」と尋ねると、もしかしたら「タイツを履くだけなのに、正しいとか間違っているとかがあるのでしょうか」と逆に質問されてしまうかもしれません。

ララスリムを継続的に使用しても、むくみが取れなかったりダイエット効果が出なかったりするのは、使用者の使い方が正しくなかったり、ララスリムのサイズ選びが間違っている可能性が高いのです。

ララスリムは単なるタイツではなく、「特殊な機能を搭載した」「着圧タイプの」タイツです。高機能ゆえに、使用者に求めることが少し多くなっていますが、一度コツをつかんでしまえば、自然に使いこなすことができます。
ララスリムの効果を発揮させるための解決方法を、具体的に解説します。

ララスリムの効果を発揮させるための解決方法

ララスリムを体験した方なら覚えていると思いますが、ララスリムを履くのは「大変」です。
効果を実感できない人は、もしかするとララスリムの履き方に問題があるのかもしれません。

ララスリムを履くときは椅子に座りましょう。
床に座るのでもなく、立ったままでもなく、椅子に座ってください。
ふくらはぎの下部まではそれほど苦労せずに通すことができますが、ふくらはぎの上部から急にきつくなります。
そして、膝の上まで到達したら最大の難所である太ももが待っています。

このとき、両足をほぼ同じタイミングで履いていくことが重要です。
右の太ももを3センチ入れたら、次は左の太ももを3センチ入れ、次にまた右太ももを3センチ入れ、左太ももを3センチ入れる、という作業を繰り返してください。
「ズルズル上げていく」イメージで履きましょう。

ララスリムを足の付け根あたりまで上げることができたら、椅子から立ち上がり、一気にお尻を入れてください。
お尻が収まったら、曲がりやヨレ、シワをただして終わりです。

朝の出勤前は時間的な余裕があるのでララスリムをしっかり履くことができますが、勤務中にトイレに行ったときは、それほどしっかり履けないことがあります。
ララスリムはしっかり履かないと効果が出ません。
ずれて履いてしまうと、圧をかけるべき部位に圧がかからないからです。

正しいサイズを選んで!

ララスリムにはS、M、L、LLがあり、それぞれの適応サイズは次のようになっています。

●SまたはM
身長:145~160センチ
ヒップ80~93センチ
●MまたはL
身長:150~165センチ
ヒップ85~98センチ
●LまたはLL
身長:155~170センチ
ヒップ90~103センチ

ララスリムは履くのが「大変」なので、使用者によっては楽に履くために1サイズ上のものを選んでしまいがちです。
実際に1サイズ上のララスリムを履くと「ピッタリしている印象」を受けてしまいます。
しかし、楽に履けて、履いた後も圧がかかっていない状態では、ララスリムは機能しません。

例えば、自身のサイズが「身長160.5センチ、ヒップ93.5センチ」だったとします。
すると上記のサイズ表では「SまたはM」を上回ってしまうので、Lを選択したくなるかもしれません。
しかし「身長160.5センチ、ヒップ93.5センチ」は「MまたはL」にも該当します。
すなわち「Mでもよい」のです。

個人が家庭用メジャーで計測する場合「0.5センチ」は誤差の範囲です。
もし「身長160.5センチ、ヒップ93.5センチ」の人がLのララスリムで効果が出なかった場合は、Mを試してみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事