ヘルペスには種類があり性器にできる性器ヘルペスのほかにも口に出来る口唇ヘルペスなどがあります。感染してしまったら恥ずかしいなどと思わず早めにバルトレックスで治療しましょう。そして二度とならないよう気をつけましょう。

病院の薬

性器ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスが原因となる皮膚感染症であり、主に2型の単純ヘルペスウイルスに感染する事で発症します。
一般的に1型は、上半身に発症し、2型は下半身に発症するとされていますが、1型の単純ヘルペスウイルスに感染した患部を触った手で、性器周辺に触れると1型であっても性器ヘルペスの原因となります。
又、初体験年齢の低下による性行為感染症の知識不足やオーラルセックスの普及により、下半身に発症する2型が咽頭部や唇周辺に発症ケースが多く見られ、発症部位でヘルペスウイルスの型の判断は難しくなっています。

単純ヘルペスウイルス2型は、外性器や膣、膀胱などの皮膚や粘膜から神経を伝わって腰の近くの神経が集中する腰仙骨神経節に潜伏する性質があります。

性器ヘルペスの症状は、初感染の場合は重く再発の場合は軽くなり、再発を重ねる毎に症状が軽くなるとされています。
初感染の場合は、女性が2週間~4週間、男性が2週間~3週間で外性器にヘルペス症状が現れ、再発の場合は3日~7日間程度ヘルペス症状が現れるとされています。

初感染の症状としては、患部に、むずがゆさや痛みなどの症状が現れ、その後小さな湿疹が水疱となり破れて潰瘍になります。
又、38度程度の発熱症状や女性の場合は排尿痛を伴うケースもあります。

治療としては、バラシクロビルを主成分とするバルトレックスやアシクロビルを主成分とするゾビラックスなどの錠剤や顆粒の内服薬、アシクロビルやビタラビンを主成分とするアラセナAなどの軟膏やクリーム外用薬が用いられています。

バルトレックスは、アシクロビルの腸からの吸収力をアミノ酸であるバリンを負荷する事で改善したプロドラッグです。
バルトレックスは、体内でアシクロビルに変換され、DNAポリメラーゼの作用を阻害し、ヘルペスウイルスの増殖を抑制し症状を緩和します。

記事一覧
頭を抱えている男性

ヘルペスはポピュラーな症状ですので発症したことがあるという女性は珍しくありません。 そもそも発症原因...

悩んでいる男性

ウィルス性の病気であるヘルペスは感染してしまいます。 そして感染原因は様々なのですが、例えば飲酒をし...

薬

ヘルペスウイルスに対して有効な治療薬がバルトレックスですが、バルトレックスを服用し続けてもヘルペスが...

考えている男性

唇の周りに小さな水疱やぶつぶつができる口唇ヘルペス。 疲れた時などに何度も現れる人も多い症状です。 ...